医療法人社団光優会 のみやま眼科

北見市の眼科 医療法人社団光優会 のみやま眼科

〒090-0817 北海道北見市常盤町1丁目1-1
TEL 0157-23-0017

 

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
トップページ»  当院でのマイボーム腺機能不全の治療について

当院でのマイボーム腺機能不全の治療について

マイボーム腺機能不全(MGD)について

マイボーム腺機能不全(以下MGD)とは、様々な要因によってマイボーム腺の機能がび漫性に異常をきたした状態であり、慢性の眼不快感を伴う疾患をいいます。
最近は、ドライアイの方の80%以上にこの疾患が合併しているといわれており、知らないうちに、この疾患に罹患している方も増えております。

このMGDにつきまして簡単にお話させていただきます。
原因、症状、治療のお話の前に、
マイボーム腺とは何かお話をしていきますね。
マイボーム腺とは、眼瞼(まぶた)のまつ毛の生え際よりもやや内側にある、油分を分泌する器官のことで、上眼瞼に25、下眼瞼に20前後あるといわれています。
マイボーム腺は、油分を分泌することにより、涙が蒸発するのを防ぐ大切な働きをしていますが、この機能に問題が生じるのがMGDなのです。

 

MGDの原因

炎症や感染により、マイボーム腺の働きに異常をきたして発症します。
多くが高齢者ですが、眼瞼縁へのお化粧をきちんと落とさないと、
マイボーム腺開口部が閉塞し、MGDになりやすくなり、
若い方にも増加傾向にあります。

 

MGDの症状

・目が疲れやすい
・目の異物感、不快感
・眼脂がでやすい、たまっている気がする
・涙目、涙がたまっている気がする
・目がかゆい
・まぶたが重たい
・まぶたに熱感がある
・目が赤い
・まつげがぬけやすく、ささりやすい
・朝 目があきづらい
・ものもらいができやすい

MGDの治療法

・温庵法(まぶたを温める):マイボーム腺の油を溶かし、まぶたの血流を改善します。治療用具や適切な方法で温めたタオルなどで行います。
・眼瞼清拭(まぶたを清潔に保つ):まぶたに使用できる特殊なシャンプーなどで優しくマッサージすることにより、マイボーム腺の油の排出を促し、固まった油や角化物のつまりを除去します。また、周囲の細菌量を減らす効果もあります。
・薬:点眼や内服により、主にマイボーム腺に生じている炎症を抑えます。
・特殊な医療器具(マイボーム腺圧迫攝子)によるマイボーム腺内の古い油の圧出を行い、新しい油の産生を促します。
・オメガ3脂肪酸を多く含む食品摂取(青魚系、えごま油、アマニ油、クルミなど)
・特殊な医療機器による治療:IPLなど(保険外医療となります)
 当院では、MGDについての眼科医の全国的な研究会であるLIME研究会に院長が所属しており、治療法について、日々情報を得ながら、診療を行っております。また、温庵法や眼瞼清拭の方法につきましては、看護師の指導のもと、患者さんがご家庭で使用することができるアイマスクや眼瞼に使用可能なシャンプーのご紹介・販売もしております。
MGDの治療法
MGDの治療法

現代社会においては、パソコンやスマートフォンを使用する機会がますます増え、それに伴い、ドライアイ症状を感じる方も増えていくと思われます。その主原因のひとつであるMGDは、他の疾患の合併がなければ、視力低下が生じづらい疾患のため、様子をみてしまいがちですが、眼の違和感は改善しませんし、ものの見え方の質も低下します
ので、我慢せずに、眼科を受診されることをお勧めいたします。